公開 - wing jointからのお便り

wing jointからのお便り

オーダーの前に知ってもらいたいこと

© wing joint All Rights Reserved.

wing jointからのお便り

座面の修理 

こんいちは、吉澤です。

アンティーク椅子の修理をさせていただきましたので、お話させていただきますね。

お写真のような感じで、座面が割れております。

多分、ナラ材で製作しているかと思いますが、座面を5枚から6枚ぐらいで接いでいますので

そこが割れたみたいです。

十数年ご使用されておられるようですので、このような破れは結構あります。

はじめに、接着剤で割れた箇所を圧着して一晩置きます。

お客様が塗装をご希望ではないので、なるべく段違いにならないようにします。

圧着が出来ましたら、補強も兼ねて座面下に補強材を入れていきます。

ナラ材の椅子ですので、補強材も固めのナラを選び付ける前になるべく同色の塗装をしました。

補強材は入れないときもあるのですが、今回の割れた箇所が脚が絡むところなので、

補強材をいれさせていただいております。

仕上げに、少しはみ出た接着剤を段違いになった箇所を薄く削りつけてます。


少し削った箇所に、タッチペン入れして仕上げです。


感想としまして

永くご使用頂いている椅子の修理をさせていだくと、とても楽しいです。

経年変化で素敵な雰囲気を壊さないように、手をかけるので気をつけることが大切ですね。

補強材も野暮ったくならないようにして、削りつけも最小限にしてタッチペンも極力周囲と合わせて

削りつけの箇所だけ修理させていただきました。

ありがとうございました。


修理のお問い合わせは、メールまたはInstagramのメッセージでご連絡頂ければと思います。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

wing joint 吉澤

コーナーソファー

こんにちは、吉澤です。

商業施設に設置するソファーを製作しましたので、お話させていただきますね。



コーナーソファーになります。

張り枠の上台は一一段の引き込みになりますので、写真のような位置で引っ張る箇所を開けてあります。

コーナーの角の場所が引き込めないので、張屋さんと相談して少しでも隙間を開けました。

背表に薄ベニヤを使用と指示がありましたが、角の箇所に薄ベニヤを貼ると納まりが良くないので、ここだけテープで

形作ってもらうように相談させていただきました。

これは、背中・座面・下台とそれぞれ分割になります。

現場で背中はトッコではめ込みますので、ストレート箇所の2台と角の箇所の取り付けになります。

この場合、一体物で製作してしまうと現場でどうしても上手く納まらないこともありますので、張り上がりの仕様にもよりますが

出来るだけ分割して逃げを作ったほうが綺麗に納まるのではないでしょうか。

下台は、収納になります。

こちらも3分割です。

ストレート箇所の2台は、収納スペースも確保出来ますが、角の箇所の収納スペースはどうしても狭くなりますので

ここは、強度確保しつつ、出来る範囲で空間を確保させていただきました。

正面の仕上げは、メラミン仕上げです。

乱取りのような柄のメラミンでしたので、合わさる柄を気にしつつ貼り合わせていきました。

この、写真の正面の角の箇所が、直角ではない仕上げの時は、トリマーで削れないので、極力合わせて、最後に粗いぺーーパーと

細かいペーパーで段地を取っていきました。

多少時間はかかりましたが、綺麗に仕上がったかと思います。

感想としまして

コーナーソファー製作の場合、現場の型紙が大切になりますので、

型紙から張りの逃げと現場の壁の状態を、打ち合わせしていきます。

この時に大体は、形決めでOKなのですが、製作進んで行くことで、色々と張り屋さんに相談も増えてくるものです。

引き込みの具合や、収納確保の事や、やはり形になってからお互い気づくこともあるものです。

ただ、この気づくことをなるべく早く、解りやすく説明することが求められますので、

ここはこれからも重視していきたいと思いました。

ご依頼ありがとうございました。


木部・木枠製造のご依頼は、メールまたはInstagramのメッセージでご連絡頂ければと思います。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

wing joint 吉澤

キャンプ用テーブル

こんにちは、吉澤です。

テーブルを製作しましたので、お話させていただきますね。

こちらのお写真のテーブルです。

キャンプで使いたくて折り畳み式の仕様にして製作しました。

野外での場合は、移動時と設営時の手間が気になるとこでもありますので

脚を折り畳みにして、持ちても付けてます。

天板は、桜材をしようしてキッチンの材料を統一感を出しました。


今回、脚を写真のような形状にしましたので、不安定な土の上でもグラつきは無かったです。


僕のキャンプ当日までの楽しみとしまして、道具の製作とメンテンナスです。

テントや寝袋、ランタンなどはもちろん手入れはしますが

キッチンやテーブルなど、手作り出来るものをキャンプの風景を考えながら製作したり

オイルメンテをするのはとても良い時間ですね。

物を大事に使うことを趣味に出来るのかなと思ってます。


このテーブルは、クリアオイルで製作してありますので、使いながら自然の日光の日当たりで

とても素敵な経年変化してくれそうです。


キャンプ用テーブルをご希望の方は、メールまたはInstagramのメッセージでご連絡頂ければと思います。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

wing joint 吉澤

キャンプ用キッチン 

こんにちは、吉澤です。

キャンプ用キッチンを製作したので、お話させていただきますね。

桜材を使って、大小の脚立を4台作って、荷物を置く板を大小6枚ほど作りました。

いろいろなキャンプ用キッチンを試みて、この形が僕は好きな形です。

移動時や収納場所、車への積み込みなど重かったり場所を取るかなと思いましたが、

意外とすんなり収まるものです。

作業場で塗装前のときは、白っぽいなあと感じでましたので

水を引いて、とても良い桜の明るみがでたのでクリアオイルで仕上げて行きました。

こういう材料のもつ明るみは、とても素敵だなあと思います。

この桜材の良さを活かすために金具はゴールドにして、

キャンプ用キッチンを仕上げていきました。

僕は、2コンロのガスコンロを使いますので、コンロを組み上げたときに

中央の調理場所とフラットになるように高さを調整しました。

また、棚を調理台の下に設置して、鍋・シエラカップなど置けるようにしてます。

もう片方にはクーラーボックスとジャグが置けるスペースがあります


可動棚になってますので、設置の仕方次第で色んなキャンプでのキッチンスタイルが楽しめますね。


自然の中で、この桜材の色味と風合いはとても綺麗に映えて見えました。

硬い材料なので、強度面の心配はなかったです。

キャンプでの楽しみは、食事と焚き火。あとは子供との時間ですね。

自然の中で誰かに見せる訳ではないので、そんなにこだわらなくても良いのでしょうが笑

素敵な休日にこそ、大切にしたい物と大切な時間をこだわりの物で過ごしたいですね。


キャンプ用キッチンをご希望の方がいらっしゃいましたら、メールまたはInstagramのメッセージで

ご連絡頂ければと思います。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

wing joint  吉澤

セブンチェア修理

こんにちは、吉澤です。

セブンチェア修理のご依頼を頂きましたのでお話させていただきますね。


この写真で、赤い椅子がセブンチェアです。

なぜ、ひっくり返して作業しているかといいますと、この椅子の修理はここの台座が外れることが主だからです。

結構な数のセブンチェア修理をさせていただいてますが、ここの台座の接合をしっかりと再接合するこで大半は完了になり、

脚の箇所は、ステンレス脚の磨き作業になります。

脚の磨きは、研磨剤や布などでピカピカに磨き上げていきます。

この磨き作業は丁寧に丁寧に仕上げる以外、ご説明がないのですがサビが酷い場合、擦り過ぎると逆に傷つける場合があるので

その辺は、様子見て的確な修理方法を当て込む感じでしょうかね。

今回、ご説明したいのが、台座とプラスチックカバーの接合に関してです。

ここは、接着剤で接合してますので、どうしても長くご使用いただくと外れることが多々あるかと思います。

もともと付いている古い接着剤を綺麗に落とし、新しい接着剤がしっかり圧着出来るようにノミやサンダー、ペーパー等で

作業します。

ここで、しっかり綺麗にすると本当にピッタシ、台座とプラスチックカバーが付きます。

これは、なかなか達成感がありますよ。


感想としまして
僕は、この修理が来たときは、お客様が長く大切にご使用頂いて、これからも修理して長く使って行くんだなあと思って

丁寧に作業させていただくように心がけています。

どのような椅子でも、人間が使うものなのでメンテンスしながら長く使うものだと僕は思います。

その時間に少しでも関われて嬉しいです。

ありがとうございました。


修理のお問い合わせは、メールまたはInstagramのメッセージでご連絡のほど、

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

wing joint 吉澤


TOPへ